時の話題 「中田の電撃移籍」

 日本ハムファイアーズ内での再生を期待した筆者としてはバツが悪いが、暴力沙汰を起こし謹慎中の中田翔選手の読売巨人軍への移籍が決まり直ぐさまバッティング練習している光景に違和感を感じたのはファイターズファンのみならずジャイアンツ、ひいてはプロ野球ファン全員にもあったのでないのか。
 栗山監督の不実とも取れる発言に巨人が応じ一見美談のような印象を与えかねない移籍劇には唐突過ぎたこともあり当方裏切られた思いにある。
 ハム球団、栗山監督そして中田当人が事の顛末を明らかにしようとしない不誠実な成り行きに納得できず怒りさえ生まれてくる。
 中田はチームでお山の大将然として振舞い今度もその一端が表出したにすぎずチームのリーダーとして恥ずべき行動だ。暴力を振るった相手は北海道出身の井口投手だと言われており、井口の言動の何が中田を怒らせたかは知らないが、そこはいかに成績が振るわず苛々していたとはいえ、トップ選手として受け流す度量が必要だったのであるまいか。
 弱り目に祟り目という言葉があるが、不運は重なるものであり、ジャイアンツに移ったからと言えどレギュラーが保障されているものでなく「使い捨てされるのでは」と大いなる懸念を持っている。
 往時より力が衰えてきた中田にとってパワーピッチャーが多いパ・リーグよりセ・リーグの方が良い結果が残せるのではというのは早計であり、前途は厳しいと指摘せざるを得ない。
 不振でも中田ならという希望が砕け散ってしまった。つまらん。

コメントを残す