帰省などの自粛を 若者の感染拡大で振興局長ら呼びかけ

 宗谷管内で30代以下の若者に新型コロナウイルス感染が増えていることを受け、辻井宗谷総合振興局長と10市長村長は、帰省などの自粛を求めている。
 道内全域でも若者の感染が拡大していることに伴い、宗谷でも7月~8月11日現在で14人が感染し、そのうち30代以下が約8割を占めている。
 この状況を受け、盆入りの13日を前に①札幌市との不要不急の往来を控える②帰省などでの都道府県間の移動自粛③大人数、長時間の飲食を伴う会合の自粛④普段会わない人との飲食を伴う会合を控えるよう呼びかけると共に、感染防止対策の徹底を求めている。

コメントを残す