五輪開催中のテロなど警戒 海保がフェリーTを特別警戒

 稚内海保は6日、フェリーターミナルで夏季特別警戒を実施し、不審物がないかなど確認した。
 夏休み期間中に人の往来が多くなることや開催中の東京五輪のテロ防止などのため実施されたもので、海保の警備救難課職員と巡視船もとうらの乗組員4人が参加した。
 職員らはターミナル内のロッカーやゴミ箱などに不審物がないか確認したあと、午前中に稚内発着のフェリー4便の点検も行った。
 山中次長は「五輪開催により色々な人が出入りする。標的となるターミナルでの犯罪未然防止や不審者がいた場合にはしっかり対応して行きたい」と話していた。

コメントを残す