天北堆

 9月下旬以降になるが、大花火大会が行われる。稚内の花火大会といえば「みなと南極まつり」の掉尾を飾る一大イベントだがコロナによって昨年、今年と連続し中止になったことを受け市長と会頭らが話し合い実施されることになったのだろう◆中田会頭は昨年、みなと南極まつり中止が決まった折「花火はやりたいね」と話しており、その意を酌んだ市長が「市民に少しでも和んでもらいたい」と打ち上げることになったものと思料する◆懸念されるのはコロナだが市民も重々承知しているので心配ないのかな。

天北堆” に対して1件のコメントがあります。

  1. NIR より:

    市内在住30代です。
    率直に申し上げます。市長は楽観視しすぎかと思います。
    東京含む大都会は、デルタ株。感染者数過去最高。と騒いでいるのに、稚内は大丈夫。その根拠がわかりません。具体的に何を持って大丈夫なのでしょうか。と質問したくなります。
    また、接種券すら届いていないのが現状です。
    ワクチン入手は、配布数などがあり難しいことは理解しています。ただ、打つために必要な接種券の配布は、すぐにでも出来ることだと思っています。配布が困難な理由があるのでしょうか。
    市内感染が増えた場合、中止にします。というのであれば、交付金の使い方はもう少し別の方法があるのかなと思いました。コロナに打ち勝つ決意を持てるような使い方を期待したいです。

NIR へ返信する コメントをキャンセル