天北堆

 元々、オッターから1カ月遅れのかけ廻りのオオナゴ漁は振るわないものの、1匹も獲れないとは。稚内水試当初の沖よりも沿岸寄りの方が漁模様がいいのではとの予想は見事に外れてしまった訳だが仕方あるまい。それよりも何よりもロシアに臨検され着業が1カ月近く遅れたオッター船の漁模様が芳しくないのが気懸りだ◆それにしても先人はよくぞオオナゴ漁解禁を6月1日にからにしたものである。敬服するばかりだ◆だけど漁には海の波同様に波がある。好漁の次の波を待ち漁をするしかあるまい。

コメントを残す