藤田さん東京パラ代表内定 自転車に4大会連続し

 パラサイクリング競技で活躍する稚内出身の藤田征樹さん(36)=藤建設=が、東京パラリンピック自転車代表選手に内定した。
 日本パラサイクリング連盟が18日夕方、ホームページで発表したもので、稚高卒の藤田選手は2008年北京、12年ロンドン、16年リオデジャネイロのパラリンピック3大会で銀3つ、銅2つのメダルを獲得しており、コロナ禍で海外での試合は出場する機会がなく国内の公式戦で昨年11月の全日本自転車競技選手権大会トラック・レースの2種目で準優勝するなど活躍しており、東京では初の金メダルが期待されている。
 今回の日本代表内定選手に選ばれたことに父親の幸洋さん(66)は本紙の取材に「内定が決まって素直に嬉しい。金メダルを目指していると思うがケガ無く頑張ってほしい。出場することに決まり少しは明るいニュースになったでしょう」と4大会連続出場を喜んでいた。

コメントを残す