ふれあい公園のレンタル用品充実 キャンプ人気を背影に

 空前のキャンプブームが続いていることを受け、宗谷ふれあい公園はオートキャンプ場利用者のレンタル用品の種類を増やし需要に応えている。
 コロナ禍での娯楽として昨年からキャンプブームは過熱しており一人キャンプなど楽しむ人が全国的に増している。
 これを受け公園ではこれまでも貸し出していたバーベキューコンロなどに加え、昨年から複数で宿泊できるよう3~4人用テント、そして今年はキャンプする人の定番となっている焚火台の貸し出しを始めた。
 管理事務所によると販売している薪を購入する人が昨年から増え焚火の需要が増えているとして「芝生での直火は禁止のため焚火台で焚火を楽しんでほしい」と話していた。
 3~4人用テントは2セット(2500円)、焚火台3セット(500円)用意しており、利用前日まで受け付けする。

コメントを残す

前の記事

天北堆