コロナ禍での外遊び 潮見2、太田さん宅のミニコート完成

 潮見2、太田又彦さん(82)宅にバスケットボールやサッカーなどで遊べるミニコートができ、近所の子供たちが外遊びを楽しんでいる。
 コロナ禍で運動不足になりがちな子供たちが外遊びをすることで体を動かし、健やかに育ってほしいと願う太田さんら有志が5月一カ月間かけてコートをつくった。
 コートには、手作りしたバスケットボールのゴールやサッカーボールを当てる的、野球のシートバッティングができる遊具などが用意されており、登校前の朝早くから子供たちが訪れては体を動かしているという。
 太田さんは「密にならないよう気を付けながら、コロナ禍でも子どもたちに楽しく遊んでもらい有意義な時間を過ごしてほしい」と笑みをこぼしていた。

コメントを残す