富士見園入所し100歳になった渡部さんに長寿のお祝い 

 16日、工藤市長が特別養護老人ホーム富士見園に入所する渡部トシエさんの許を訪れ、100歳を祝福した。
 今年4人目の百歳長寿者となる渡部さんは大正10年6月16日生まれ。水産関係の仕事をしていた亡き夫との間に1男2女の子供に恵まれた。平成29年12月から入所している富士見園では毎日、テレビ鑑賞や好物のスイカなどフルーツを食べるのを楽しみに過ごしている。
 この日は渡部さんの誕生日となり、工藤市長は「100歳という長寿を迎えられ、市民と共に心からお喜び申し上げます。今後も身体に気を付けて一層の健康を保たれますよう御祈念申し上げます」などと声をかけ、祝い状と祝金を贈った。
 長男の渡部永一さん(74)と長女の伊藤美恵子さん(72)は「母親が元気で長生きできるのも、施設の皆さんが本当に良くしてくれるからです」と感謝していた。

コメントを残す