12歳以上に対象拡大 ワクチン 基礎疾患者優先接種

 ワクチン接種の対象者が16歳以上から12歳以上に拡大されたことを受け、稚内市新型コロナウイルスワクチン接種実施本部は、昭和37年4月2日以降に生まれた12歳~59歳までの基礎疾患がある人を対象にワクチン優先接種のクーポン券発送の申請を受け付けている。
 17日までを提出期限とし、6月下旬にはクーポン券を発送する。16歳未満のワクチン接種は、保護者の同意が必要となる。
 申請方法は、稚内市のホームページから「新型コロナワクチン接種送付申請書(基礎疾患を有する方法)」をダウンロードし、必要事項を記入して郵送、FAX(㉙2257)メールなどで実施本部へ提出するとよい。
 申請書をダウンロードできない場合、実施本部へ電話㉓2700するとよい。

「12日から受け付け開始 65歳以上全員6360人分」
 稚内市新型コロナウイルスワクチン接種実施本部は、12日正午から7月分の集団・個別接種の予約を受け付けを開始する。
 今回は65歳以上の高齢者で未だ予約が済んでいない約4200人が対象となり、予約受付枠は保健福祉センターで実施する集団接種3744人分、6医療機関での個別接種2616人分の合計6360人分で、65歳以上の全員が必ず接種できる分を確保している。
 また6月下旬からクーポン券送付のため事前申請した60歳未満の基礎疾患のある人、60~64歳までの人の予約受け付けを開始する。
 予約方法は稚内市のホームページからアクセス出来るオンライン予約(24時間)と、実施本部で☎㉓2700と☎㉓4000(12日と13日の2日間のみ)で受け付ける。
 コロナ感染防止のため予約は原則、オンラインか電話で、オンライン予約ができない人を対象に12日正午~午後6時と、13日午前9時~午後5時まで文化センターに臨時窓口を開設する。予約相談はクーポン券を持参するよう呼びかけている。
 ワクチン接種に関する問い合わせは、平日の午前9時~午後5時まで実施本部で受け付けている。

コメントを残す

前の記事

週末雑感

次の記事

天北堆