早くもサケ漁準備 抜海漁港で定置網補修

 秋サケ定置網漁解禁に備え早くも準備作業が市内の漁港で行われている。
 抜海漁港の隣接地で24日、長さ100㍍以上ある漁網がトラックで運ばれ、クレーンで吊るし上げたあと地面に広げサケ漁師が破損カ所の点検をし破れたカ所の補修作業を進めている。
 秋サケ漁の準備を毎年5月下旬から始めるというベテラン漁師は「昨年秋の漁は単価、水揚げとも良かった。1カ月かけてしっかり補修して秋の漁に備え、豊漁を期待したい」と話していた。

コメントを残す