稚内公園でサクラ4分咲き 天北緑地は午後開花か

 稚内公園のエゾヤマザクラが咲き始め、市民が花見を楽しんでいる。
 公園中腹に位置する円形花壇の回りには、10数本のサクラの木があり、公園を管理する稚内市シルバー人材センターの会員によると、6日朝に数輪だけ咲いていたのを確認し、7日朝に再び見てみると3~4分咲きまで開花が進んでいたという。
 晴れ間が広がり気温が15度を超えた7日午前、稚内随一のサクラの名所となっている円形花壇には散歩中の市民、家族連れが立ち寄り、花見を満喫していた。
 毎日のように公園を散歩しているという70代男性は「昨日は少ししか咲いていなかったが、朝見てみると一気に咲き、漸く稚内にも春が来たことを実感する」と話していた。
 日本気象協会の発表で、4日の開花が予想されていた天北緑地公園のサクラはGW中の気温が低かったことで開花が遅れ、7日朝に標本木を観測した稚内地方気象台の職員は「きょうの午後か明日には開花する可能性がある」と話していた。

コメントを残す

次の記事

週末雑感