天北堆

 地球温暖化によって海洋環境が急激に変化する中、群来絶えて久しいニシンが稚内など日本海域に現われ海面を乳白色に染める。忽然と消えてしまったニシンが蘇えるのは温暖化も無縁であるまい◆スケソやホッケなど魚介が減ってしまいホタテや養殖コンブが主流になる北海道の海資源。秋サケも放流事業の割には水揚げ伸びず、水産業の将来はというと甚だ心もとない◆温暖化防止のためカーボンニュートラルなど二酸化炭素減らしに躍起な日本だが中国を見ていると本気なのかいなと疑ってしまう。

コメントを残す