再び群来現象確認 けさノシャップと西浜で

 23日朝、ノシャップ地区の前浜で海が乳白色になるニシンの群来現象が見られた。
 前回はノシャップ2の前浜で今月12日朝、秋川水産裏の前浜から200㍍ほどの沖合いで群来が確認されたが今度は前回より市街地寄りで、近くの漁師がノナ漁に出漁する前の午前5時過ぎ、ノシャップ1の前浜から沖に向かって海面が真っ白になっているのに気付いた。
 今月に入って2回目の群来に80代のベテラン漁師は「60年以上前は春になると前浜が何度も白くなったのを思い出す。再び群来が出たというのは、コロナで大変な状況だが、今年は何か良いことがあれば嬉しいね」と期待を寄せていた。
 この日の朝は、西浜漁港周辺の海でも群来が現われ、近くの漁師は「きのうは坂の下海岸でも群来が出た。今朝は朝からカモメが騒いでいて、漁港裏の海は真っ白だった」と話していた。

コメントを残す

前の記事

天北堆