時の話題 「市町村名公表へ」

 道新によると、道が新たに今月26日から新型コロナウイルス感染者情報について市町村名を公表する方向にあるという。他にも改善点があるようで、毎日でないにしても「〇〇管内」とか「非公表」が無くなる訳で歓迎すべきことではある。
 ただ記事をよく々々読むと毎日ではなく1週間ごとになるようで週の終りは別として週の始めは旧聞に属する情報になる。変な混乱が起きないか―と懸念する。
 コロナ禍に1年以上もある中、改めたのは2月中旬、札幌、旭川など市単独の保健所を設置している4市以外の道内175市町村にアンケートを取った結果、4割の70市町村が「見直すべきだ」とし市町村名まで明らかにすべきだとした。
 思うに「〇〇管内」とかの発表は情報が変に錯綜し要らぬ噂話を生みSNSなどで拡散してしまうからなのであろうが、居住地を明確に発表する事での混乱も出てくるのは否定できず、なかでも1週間ごとの公表にすることに関して前述したよう旧聞の弊害と間延び感も出てこよう。
 更には小さい町であればあるほど人が特定された場合の、家庭や会社への余波も懸念される。
 それと1週間まとめての発表ということは現在行っている毎日の「〇〇管内」という公表はどうなるのか。市町村が特定されなくとも各々の行動の目安としていた人もいるだろうから、あと10日あるので中味を詰めていただきたい。
 公表変更に賛否両論ある中、道が踏み切るのは道民一丸となってコロナを乗り切ろうという事なのでしょう。

コメントを残す