年金支給日に詐欺防止啓発 稚内信金と稚内署など

 稚内信金と稚内署は年金支給日の15日、信金北支店で振り込め詐欺防止啓発活動を行った。
 偶数月の15日の年金支給日に合わせ行っている恒例の活動で、稚内署の警察官、信金職員と市消費者被害防止連絡会の7人がATMコーナーを訪れたお年寄りらに啓発資材を配りながら特殊詐欺防止と、この時期特有のタイヤ盗防止の啓発も合わせて呼び掛けた。
 稚内署によると、道内では3月末までに特殊詐欺が35件(昨年同期42)被害額6810万円(同9961万円)と減少。管内では詐欺事件の発生はないものの、4月に入ってから還付金詐欺が疑われる事案が続いていることから「ATMでお金が戻るという話は詐欺であり、そのような電話があったら直ぐに警察に相談してほしい」としている。

コメントを残す