戸外で遊ぶ季節に シルバーセンター会員が公園の遊具取り付け

 稚内市シルバー人材センターは、管理する公園で遊具の取り付け作業を始めた。
 ここ数日の気温上昇により公園内の雪融けが進み、今週に入ってから行っていた滑り台などのコンビネーション遊具に被せられていたビニールシート、冬場の除雪作業の目印用に立てられたスノーポールなどの撤去を終え、14日は宝来公園や中央公園、潮見公園、天北緑地公園などでブランコなどの取り付け作業を行った。
 ブランコなど取り付け後は安全性なども確認し、会員たちは「公園内に積もっていた雪も無くなり、最近は暖かくなってきたので、子供たちには外で元気いっぱい遊んでほしい」と話していた。

コメントを残す