消防署隊員が今年初めて海で訓練

 稚内消防署は13日、天北2号埠頭先の海で今年初めて潜水訓練を行った。
 昨年12月以来4カ月の海での潜水訓練には隊員ら11人が参加。人が海中転落したことなどを想定し隊員たちはブイを基点に海中でロープを持って円を描くように回り行方不明者を探す円形捜索のほか、救助した人をゴムボートに運ぶ訓練などし、夏場の水難事故に備え本番さながら訓練し救助の際の連携を確認していた。
 昨年、潜水士が出動する水難は6件あり、今後は海での事故が起こりやすい時期となることから、水難は一刻を争うので訓練で隊員同士の連携力を含め有事に備えたいとしている。
 海での訓練は12月まで行われる。 

コメントを残す