天北堆

 今年も日本海でニシンの群来現象が見られ、ノシャップの秋川水産前の沖合でも乳白色になった海にカモメが群がっていた◆明治、大正、昭和と「ニシン御殿」が出来るほど豊漁だったニシン。堆子が産まれた昭和29年に忽然と姿を消してしまったが、その後の稚魚放流など奏功したのか、各地で群来が見られるようになった◆堆子の先祖もニシンで一儲けしようと北陸から入植し〝〇〇場所〟で財を築くも底曳き、水産加工場は軌道に乗らず没落した◆よってニシンへの思い入れが強いのだが、好物ではない。

コメントを残す