大志抱き80人が第一歩 大谷高 出席者制限し入学式

 10日、大谷高の入学式が行われ、新入生80人(男50)が希望を胸に学校生活をスタートさせた。
 新型コロナウイルス対策のため、招待する来賓や保護者の出席人数を制限し式は行われ入学を許可した中尾校長の「教職員一同、皆さんの入学を心から歓迎します。一日々々を大切に充実した日常を送り、将来への可能性を精一杯伸ばして頂きたい」との式辞に続き吉田稚内大谷学園理事長が「3年間人間として大きく成長し、仲間たちと助け合いながら日々を大切に過ごしてほしい」と挨拶。工藤市長が「目標に向け一歩々々大切に歩んでほしい」と祝辞を述べた。
 新入生を代表し吉岡悠聖君(拓心中卒)が「目標を明確に持ち全力で取り組みます」と誓いの言葉を述べた。

コメントを残す