カエル人形で事故防止 木村さんが交通安全運動合わせて

 凧と交通安全を願うカエル人形作りで知られる西浜4の木村巧さん(84)は、自宅前に人形を並べ、事故防止を呼びかけている。
 交通安全運動を独自に行い、西浜~富士見までの道道を〝無事カエルロード〟と名付けその道沿いに漁業用の浮き玉で作ったカエル人形を置き、道行くドライバーやライダーに事故が無いよう安全運転を啓発している。
 6日から始まった春の全国交通安全運動に合わカエル人形を並べて「飲酒運転は絶対ダメ」「皆んなの願い交通ルールを守って無事カエル」と書かれた看板も一緒に設置している。
 木村さんは「雪融けが早く道路の雪が無くなったことで、スピードを出して走る車をよく見かける。事故に遭わないよう安全運転をしてほしい」と事故防止を願い人形を並べていた。

コメントを残す