時の話題 「清明の春」

 コロナで右往左往する中、入・進学など季節となり、まごまごするとゴールデンウィーク(GW)を迎える。4月29日の「昭和の日」(昭和の頃は天皇誕生日)~5月5日「こどもの日」までの間、10連休などと長い休みが取れる人がおり正に黄金週間だったが、昨年も今年もコロナ感染を気に懸けながらの毎日であり浮かれた気分にはなれない。
 何時、感染するか見当がつかないのだから然りである。
 道内は未だしも本州や九州、沖縄で第4波ともいえよう感染拡大では何処に行くにも躊躇してしまい折角のGWも存分に楽しめそうもない。今年限りであってほしいものだ。
 昨年来の巣ごもりが続いていることもあってこの1年ほどで体重が3㌔ほど増え、最近は妻留守で栄養が、とりわけ野菜不足なのだろうか、偶に立ち眩みがするようになった。私事にて大変恐縮するも自己管理をせねばと自らに言い聞かせている。年には勝てない。
 好きなスポーツ観戦は日ハム弱くつまらないものの、他に目を向けるとNHKは大河「青天を衝け」など自分好みの番組があり自己鍛錬を心掛けている。
 読者の方々に話題を提供する立場なのだから当然のこととはいえ、あと何年執筆できるかは分からねど知識欲だけは最後まで有したいと思っている。
 自分もそうであったように人間というのは飽くなき欲があるのだが、終幕に向い日々過ごす中、肩の荷を軽くして行かなければならない。「清明」の春、堅忍不抜の精神で事に当たり皆さんのよりどころとなるような仕事をしたいものである。

コメントを残す