図書館で昭和40年代マッチ箱展示

 市立図書館で市民から寄贈された市内にあった飲食店などのマッチ箱が展示されている。27日まで。
 昭和40年代を中心に現在も営業している商店や廃業した飲食店などのマッチ箱をコレクションしている市民から寄贈されもので、「マッチ箱に見る昭和40年代の稚内」と題されたコーナーには、現物のマッチ箱50個と店がどこにあったか分かるよう、昭和35年の市街地地図を展示し、マッチ箱を拡大プリントしたパネルも合わせて展示している。
 今はないスナックなどの箱を見ていた市民は往時を思い出し懐かしんでいた。

コメントを残す