3日グランドオープン 明田鮮魚復港市場店 カフェ、レストランなど

 魚常明田鮮魚店(明田常臣会長)が新たに運営する副港市場の市場棟が1日、関係者向けにプレオープン。3日午前9時からのグランドオープンを控え明田会長は「観光だけでなく市民の皆さんが楽しめる施設にし賑わいを作っていきたい」と意気込みを語った。
 北市場から移転しオープンさせる市場棟1階(1520平方㍍)フロアには、安価な鮮魚や野菜、乾物など販売するコーナーのほか海鮮丼の専門店「魚常」、ラーメンや定食などを提供する食事処「てっぺん食堂」、コーヒーやソフトクリームなど揃えたカフェ「Potto」、団体客向けに最大110人が受け入れ可能なレストラン「流氷」など営業する。
 1日は午前11時から招待された関係者が店内を見て回り、てっぺん食堂でラーメンや定食などを注文し昼食を堪能していた。
 グランドオープンを記念し3日は午前10時から本マグロ(約40㌔)の解体ショー、4日は午前10時から鮮魚や青果の競り売り、子供向けにはお菓子プレゼントなどのイベントがある。
 先週末の28日には、首都圏から稚内入りしたツアー客を初めて新店舗で受け入れ、東京などからの観光客が買い物を楽しんだことなど話し、1日のプレオープンで来店した人の様子を見守っていた明田会長はオープンに向けて「40人いるスタッフ一丸となって頑張りたい。週末には市民の方が楽しめるよう競り売りなど行っていきますので多くの人に来店していただければ」と話していた。

コメントを残す