午前中、もやで市街地かすむ 中国の黄砂の影響か

 中国大陸から偏西風に乗って飛来したと見られる黄砂の影響なのか30日午前中、市街地一帯の景色がぼんやりとかすんで見えた。
 黄砂は29日、西日本北陸、東海、東北で観測され、道内では30日午前中、函館、室蘭など道南を中心に観測された。
 稚内地方気象台では午前中の段階で観測はしていないが、通常は20㌔ある視程が一時、6㌔程度まで低下。その時間帯に天北2号埠頭から市街地を見ると街全体が靄に包まれたような状態となった。
 気象台によると、南西の風が吹く30日いっぱい黄砂が飛来する可能性があり、注意を呼びかけている。

コメントを残す