天北堆

 連勝し上々のスタートを切ったかに見えた白鵬が休場した。故障あるも速攻などで勝機を掴み勝ってしまう。さすが大横綱だと思っていた矢先での休場。手術をし1場所休み7月場所で進退を懸けるという◆そういう訳で大相撲はまたしても横綱不在となり、味気ないものになるかな。それだけトップというのは重要だということである◆翻って国会を見ていて強く感ずるのは総理はじめ大臣の情けなさである。官僚が書いた答弁書を棒読みするだけの大臣は要らない。自分の言葉で喋れないのはクビにせよ。

コメントを残す

前の記事

読者コーナー

次の記事

時の話題 「春のお彼岸」