新年度予算の投稿人気 寒流水族館のフェイスブック

 ノシャップ寒流水族館の飼育員が更新しているフェイスブックのページが、道内外の水族館愛好者の人気を集めている。
 同館のページは、2017年からスタートし、飼育員の目線でしか見ることが出来ないゴマフアザラシの赤ちゃんやフンボルトペンギンなど人気の生き物たちの写真のほか、バックヤードでの作業や開館案内など、毎週木曜日に更新している。
 飼育員3人が業務の中で写した写真と動画ではショー訓練するアザラシやクリオネがゆったりと泳ぐ優雅な様子を紹介しており、多い時には700人以上もの人が閲覧しているという。
 飼育員の鈴木志歩さんは「飼育員にしか見せない表情など投稿しています。コロナ禍で気軽に来られない人も動画や写真で楽しんでほしい」と話していた。

コメントを残す