シカ防ぐネット設置 家庭菜園 食害の防止対策で

 雪融けが進み人里に下りてきているシカに備え、家庭菜園をする市民が畑などが食害に遭わないよう防護ネットを取り付けている。
 雪融けが進んだことでシカの行動範囲が広くなり、ノシャップ~西浜地区などでは日中でも群れが裏山から下りて来ている。
 数日前から自宅周辺に30頭の群れが下りてきているという富士見5の女性は「暖かい日が続いたことで畑の雪融けが進み、周辺にはシカの足跡が沢山ある。今のうちにネットを張っておかないと新芽が食べられてしまう」と話しながらネット張りを急いでいた。

ノシャップPG場に40頭出没

 16日夕方、ノシャップパークゴルフ場に40頭近いシカの群れが出没。近隣住民は「最近になって数が一気に増えてきた」と話している。
 今月に入ってシカの群れを頻繁に目にするようになっていたPG場だが、気温が上昇した16日午後から雪融けが進み、芝が見えた所めがけ裏山から一斉に集ったようだ。
 ノシャップ地区の住民は「芝生が見えてきた所もあり、最近は裏山に戻らず周辺を寝床にし道路を横断するシカを目にする。近くを走行するドライバーは気をつけた方がいい」と注意喚起している。

コメントを残す