電話相談窓口開設 稚内市 新型コロナ ワクチン接種に関し

 稚内市は15日から保健福祉センター内に新型コロナのワクチン接種に関する電話相談窓口を開設した。
 センターに設置されているコロナワクチン対策室に電話7回線を用意し、スタッフがワクチン接種の制度や接種方法などに関する質問や相談に応じる。
 市によると、優先接種となる65歳以上の高齢者用のワクチンは、道の決定により先行的に配布されることになった稚内市は、4月12日以降に1箱(975人分)が届く予定で、最初に接種する高齢者施設14カ所へのスケジュールについては現在宗谷医師会と協議し調整している。
 接種に必要となるクーポン券は4月中旬以降に送付する予定で、ワクチン対策室では現在、発送準備を進めている。
 藤原生活福祉部長は「接種後の体調変化や不安なこともあると思いますので、看護師や保健師を配置し相談も受け付ける。ワクチンの有効性や安全性について市民の不安を解消したい」としている。
 相談窓口の受付時間は平日午前9時~午後5時。☎23―2700。

コメントを残す