天北堆

 稚内の春の風物詩となった大沼のハクチョウ飛来。ハクチョウは何もしないで来た訳でなく20年以上前、子供の夢を叶えようと白鳥の模型を浮かべ鳴き声を拡声機で空飛ぶ鳥達に聞こえるようにした〝白鳥おじさん〟こと吉田敬直さんの寝食忘れた取り組みの成果である◆それまで渡り鳥は大沼上空をシベリアに向かって飛んで行くだけだった。飛来するようになってもエサをやるなど涙ぐましい努力をしピーク時には千羽を超えるまでになった◆お父さんに夢を与えられた息子さん。今度は夢を与える番ですね。

コメントを残す