5高校で初めて実施 振興局のオンライン企業説明会

 宗谷総合振興局は11日、オンライン企業説明会「てっぺん宗谷deしごと発見フェア」を開き、管内の高校生が地元企業の業務内容に耳を傾けた。
 地元企業の業務内容を知ってもらいたいと前年度に続き振興局独自に開催する予定だったが、コロナ禍であることからオンラインに切り替えて実施することになり、管内21企業と5高校の186人が参加した。
 11日午前中、稚高での説明会には、商業科1~2年生62人が参加し、稚内信金、御菓子司小鹿などの担当者から業務内容や求める人材について15分間の話を聞いたあと生徒一人につき4ブースを回った。
 午後からは大谷高1、2年生81人が説明会に参加した。

コメントを残す