勤労者会館でサクラ満開に咲く 利用者見入りうっとり

 勤労者会館の1階ロビーに飾ってあるサクラが満開に咲き、利用者に一足早い春の訪れを伝えている。
 3階の働く婦人の家で週2回、サークル活動をしている日本舞踊の会員が、自宅庭に植えているエゾヤマザクラの木の剪定や枝折れした1㍍以上の枝10本余りを勤労者会館に譲り、日当たりが良い窓際に置いていたところ気温がプラス4・1度まで上昇した先週末の28日に開花。日増しに開花は進んで見頃を迎えた。
 淡いピンク色で満開に咲くサクラはひと際目立ち、サークル活動で訪れた主婦らが足を止めて見入り「とてもきれい」、「早く雪が融けて春が来るのが待ち遠しい」と声を弾ませていた。
 会館職員は「今がちょうど見頃で、あと数日は咲いていると思いますので、サクラを見て早い春を感じてほしい」と話していた。

コメントを残す