天北堆

 2015年11月から学長、その後理事長として稚内北星大学の運営に努めてきた斉藤吉広氏が志半ばで大学を去ることになった。温和な方ゆえ存亡の危機にあった大学救済には突破力が足りなかったといえようが、人柄は柔和で偉そうな所が微塵もない謙虚な方である◆聞くところによると学長退任後の新年度も稚内に残り教育・文化の底上げに力を貸して戴くことになるという◆立ち上げから大学を全面支援してきた稚内市としては大学を残すための決断だったとはいえ稚内も北星も無くなるのは矢張り寂しい。

コメントを残す