数少ない貴重な絵ハガキ 樺太記念館で展示

 副港市場2階の稚内樺太記念館で、市が所蔵する樺太時代の貴重な絵ハガキが展示されている。
 解散した全国樺太連盟から寄贈されたハガキや市立図書館で所有している約2000枚ものハガキの中から、企画展などに合わせ選んだ24枚を展示している。
 3月末まで展示中の「稚内駅の歴史展」に合わせ豊原停車場など関連するものの他、数少ない貴重なハガキもあり、樺太の街並みやイベントなど当時の様子を見ることが出来る。
 市教委の齋藤譲一学芸員によると、樺太連盟の専門家たちが選んだハガキなどがあることから「樺太時代のハガキはとても貴重。実物を沢山の人に見て頂きたい」と話していた。

コメントを残す

前の記事

読者コーナー

次の記事

天北堆