居心地よさそうに白鳥1羽 旧声問橋近くに

 1カ月半ほど前、旧声問橋近くの水辺で羽を休めていた1羽のハクチョウが未だ居残っている。
 川が氷に覆われれば飛び立つものと見られていたが、28日午前中、橋近くの浅瀬で寒さをこらえるように丸くなったり、川の中に頭を突っ込み餌を探していた。
 暫く居座るうちに警戒心も薄れ、橋から眺めていると近くに寄ってくるハクチョウに、近所の人は「1羽だけで寂しそうだが、春に北上する仲間が到着すれば孤独から解放されるでしょう」と話していた。

コメントを残す