アマエビに似た氷塊 恵比須防波堤に現出

 恵比須地区の防波堤に、疫病を払うと伝わる妖怪「アマビエ」に似た氷の塊が出現。
 北船溜りから100㍍ほど離れた沖にある防波堤に立つ航路標識に打ち寄せた波しぶきが時間をかけて凍りアマビエに似た形になったようで、その様子を市内の60代男性が見つけ写真を本紙に提供してくれた。
 普段から趣味のカメラを持ち歩いているという男性は「先週、道内ニュースで興部町の漁港でアマビエに似た氷が話題になっていると報道され、同じようなものを稚内でも見つけて写真に撮った。これが吉兆となり、早くコロナが終息してくれればありがたい」と話していた。

コメントを残す