琴エスワールドミュージックスクールの下村理事長が大谷高訪れ吹奏楽部に琴3面寄贈 

 琴エスワールドミュージックスクール(札幌)の下村道子理事長は22日、大谷高を訪れ吹奏楽部に琴3面を寄贈した。
 同校の芸術鑑賞会で過去2回、琴演奏をした縁から、下村理事長が琴の普及と伝承に役立ててほしいと、通常の琴、ドレミニ琴、ベース琴の3面が野村来葉部長(2年)に贈られた。
 下村理事長は「子供たちが琴を使い、将来的には琴クラブが出来れば嬉しいですね」と話すと、野村部長は「新しい楽器で様々なことに挑戦したい。演奏会で琴の素晴らしさを伝えていきたい」と感謝していた。

コメントを残す