稚内観光に訪れる 豊富観光協会モニターツアーで10人がドーム、瀬戸邸など

 豊富観光協会による地元民を対象にした稚内、豊富を巡るモニターツアーが21日、北防波堤ドームなど稚内市内の観光名所で行われた。
 新型コロナウイルスの影響で遠距離の旅行が難しい中、地元の人達に近場の魅力を知ってもらおうという〝マイクロツーリズム〟というツアーで、感染予防に配慮し40人乗りのバスに10人募集し実施した。
 ツアー初日の21日、豊富からバスで北防波堤ドームに立ち寄ったモニターツアーの一行10人はガイドからドームや稚泊航路の歴史など案内を受けながら観光した。このあと一行は旧瀬戸邸や北門神社などを巡り、22日はサロベツ湿原センターでスノーシュー体験などする。
 豊富観光協会の担当者は「コロナ禍で遠くへの旅行が難しい中、地域の観光資源の再発見と磨き上げを行い、近場で楽しむ観光の在り方を考え実施しました」とし、参加した50代女性は「ドームのことは知っているが、改めて歴史など詳しい説明を受け勉強になりました」と話していた。

稚内観光に訪れる 豊富観光協会モニターツアーで10人がドーム、瀬戸邸など” に対して1件のコメントがあります。

  1. 道外 より:

    残念ながら GOTOトラベル 観光地がどんなに 新コロナ対応して 完璧を期しても 感染爆発の東京のキ-局は GOTOトラベル 批判 それに 医師会もエビデンスなしと言いながら 垂れ流し。地方の観光地で 大規模 クラスタ聞かない。蔓延は 大都市中心。しかし と 言っても 他方の観光地には キ-局 取材にも来ない。
    こちらも 世界 や 日本で 知られ観光地 有名温泉など 沢山あります。でも クラスタは医療介護関係と 県庁所在地の狭い繁華街だけなのに 医療崩壊と。県庁所在地には 何百床の病院が 数えてもいくつも 平時の役所の想定について あきれるばかり。最近 世界水準の感染症病棟を誇っている公的病院で クラスタで 休院とか。まあ・・・。
    ところで こちらにも 世界的 日本的 観光地遺産が いくつもありますが いつでも行けると思うのか 全く 行った記憶ありませんね。なかなか 遠隔地に行けない機会 是非 なかなか行かない 観光地遺跡温泉に 行くのも良いですね。
    今回 稚内地域で 地元の方対象に 地元の 日頃 観光客が訪ねている 地元の人はなかなか行かない 場所 めぐってみられているとか。良いですね。地元の方が 参加されて 稚内地域の 良さを 知り 今後 来る観光客の方に 宣伝される良い機会かと 思います。是非 沢山の方が 参加されること 期待しています。

コメントを残す