節分祭の豆まき中止 北門神社 本殿で神事のみ

 北門神社は毎年、節分の日に合わせ境内で行っている節分祭の豆まきを今年中止することを決めた。
 過日開かれた神社の奉賛団体・五十鈴会との協議で、新型コロナウイルス感染防止のため開催を断念した。
 北門神社の山本宮司によると、節分祭での豆まきは五十鈴会が設立された20年以上前から行っているもので、中止になるのは今回が初めて。毎年400人前後の市民が訪れるが3密回避が難しいためやむを得ず中止の判断をしたとし「毎年多くの市民が参拝に訪れて頂き中止は残念ですが理解をお願いします」と話していた。
 本殿での節分の儀式は2月2日午後6時から予定通り行い、年男・年女各10人が今年の無病息災を願う。

コメントを残す

次の記事

天北堆