無病息災を祈る 小正月 北門神社などでどんど焼き

 北門神社と南神社で15日、小正月恒例のどんど焼きが執り行われ朝から市民が正月のしめ飾りなどを持ち寄りコロナの終息ほか今年一年の無病息災を願っていた。
 氷点下6度まで下がった厳しい寒さの中、北門神社では午前8時から山本宮司ら神職がお祓いや祝詞を読み上げる神事のあと、石段を上がってきた市民が境内に設けられた焼却場所に正月飾りや御守りなどを投げ入れ、立ち上る炎に祈りを捧げ今年一年の家内安全など祈願した。
 しめ飾りを火の中に投げ入れ、煙を浴びていた60代の夫婦は「コロナで不安な日々を過ごしているので、早く終息するよう願いました」と話していた。

コメントを残す

前の記事

天北堆