豊漁と安全操業を祈願 きのう岬神社で船霊祭

 船霊の日の11日、ノシャップにある岬神社で歳旦祭と船霊祭が執り行われ、漁業者が今年一年の豊漁と安全操業を祈願した。
 新型コロナウイルス感染防止のため、岬神社役員の沿岸漁業者5人のみの出席で執り行われ、北門神社の山本宮司による祝詞奉上などの神事に続き、参列者1人ひとりが祭壇に玉串を奉てんし今年の豊漁を願った。
 神事を終えたあと山本宮司は「昨年はコロナ禍で皆さんが大変な思いをされた。今年は丑年で、なんとか牛のように前進し皆さんにとって良い一年となることを願っております」と挨拶した。
 この日は第一副港など各漁港に係留する沖底漁船や小型漁船などに大漁旗や日の丸が掲げられ、航海の安全を祈願していた。

コメントを残す