市役所に体温測定機設置 南RCが感染防止に寄贈

 稚内市は、モニター画面に近付くと来庁者の体温測定やマスク着用の有無を判別する機器を1階ロビーに設置した。
 非接触型の体温測定器は、新型コロナウイルス感染防止対策として稚内南ロータリークラブが市に寄贈したもので、モニターから1㍍ほど離れた場所に立ち体温測定を行い、体温が平熱なら「正常な温度です」とアナウンスが流れ、体温が37・5度以上ある場合はブザー音が鳴り判定結果が表示される。同時にマスク未着用なども表示し着用忘れを呼びかける。
 市は感染拡大を防ぐため体温が37・5度以上ある場合は入庁を控えてもらうことにしており、市財務課の担当者は「感染拡大防止に向け、市民への意識啓発や庁内の安全確保に繋げたい」とし、機器を寄贈した稚内南ロータリークラブの丸小寿幸会長は「11月以降、再び感染者が拡大し大変な状況なので、職員の方や来庁される市民の皆さんが少しでも予防という観点から役立ててもらいたい」と話していた。

コメントを残す