来年3月まで申請延長 市社協の生活福祉資金特例貸付

 市社協は、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯などに無利子で生活福祉資金(緊急小口資金)、総合支援資金を特例で貸し付ける申請を来年3月末まで延長し受け付ける。
 当初は今月いっぱいまでだったが、厚生労働省からの通達で延長された。
 生活福祉資金は1回限りで20万円を限度に貸し付けており、この資金を活用しても生活が苦しい場合は総合支援資金の申請も可能で単身世帯で月15万円、2人以上で20万円限度に期間3カ月で貸し付けも行っており、両方合わせた貸付はこれまで4000万円以上になっている。
 相談含めた申し込みは市社協(☏24-1139)へ。31日~1月5日までは休みとなる。

コメントを残す