サンピラー現れる きのう夕方、西の空に

 太陽光が柱のように空へと伸びる太陽柱「サンピラー」が27日夕方、日本海側の西の空に現れた。
 サンピラーは大気や雲の中の氷の結晶が、日の出や日没時に高度の低い太陽の光が反射し柱のように伸びる現象で、氷点下7度まで下がった日没時間の午後4時前、陽がゆっくり沈み始め雲の中に隠れようとした時サンピラーが現れた。

コメントを残す