新年備えすす払い 北門神社 山本宮司ら神官総出

 北門神社で27日、年末恒例のすす払いがあり、今年一年のほこりを取り除き新年を迎える準備を整えた。
 午前9時過ぎから山本宮司ら神官が2・5㍍の先に笹が付いた竹を手に、本殿の天井や神具、照明、壁などの一年分のほこりを払い落とした。
 山本宮司は「今年は新型コロナウイルスの影響でお祭りも出来ず市民の皆さんも大変な苦労をされたことと思います。早くコロナウイルスが終息し来年は少しでも前進できるよう神様にお願いしすす払いをしました」と話していた。
 31日は午後3時から大祓式、除夜祭のあと1日午前0時から初詣を受け付ける。例年、正月三が日は約1万人が参拝に訪れるが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、混雑が予想される三が日の参拝を避けるよう協力を求めている。
 例年、元日は夜通し行っていた正月おみくじや御守りなどの境内の授与所と社務所での受け付けは午前2時で一旦閉め、午前6時から再開する。

コメントを残す