天北堆

 ただゴミを回収するだけでない企業を目指そうとする衛生公社の試みは称賛に値する。汚泥乾燥燃料化施設オデッセイから出る熱を利用しビニールハウスで果物をつくろうという試みは、未知の分野への進取の精神にあふれ高橋社長、根本常務ら社員の飽くなき探求心を感じる◆振興公社、港湾施設と共に市出資の第3セクター〝三羽烏〟の1社で斬新的な取り組みの評価は高い◆いつぞや港湾施設の役員に「3セクから脱ければ」と話したことがあるが、その役員曰く「市のお墨付きが信用を得るのです」と。

コメントを残す