稚内地方10日ぶりプラス気温に 開運で1.6度まで上昇

 先週から真冬並みの寒さが続いていた稚内地方は22日、開運で午前11時29分、最高気温がプラス1・6度まで上昇。12日以来、10日ぶりにプラス気温となった。
 稚内地方気象台によると、冬型の気圧配置が緩み高気圧に覆われた22日、正午までに宗谷岬でプラス1・2度、声問プラス0・7度、沼川プラス0・8度まで気温が上がった。
 この暖気によって道路ではアスファルトが見え、屋根からの落雪もあった。住宅街の屋根には今にも落ちそうな雪庇=写真=があり24日まで最高気温はプラス2度まで上がる予想で、屋根からの落雪や路面変化などに注意を呼びかけている。

コメントを残す