南瓜食べ冬元気に 大谷幼保で冬至の催し

 冬至の21日、大谷幼稚園オアシス保育園でカボチャなど食べる催しがあり、園児たちが元気に冬を乗り切れるよう願った。
 園児120人は、先生から「冬至の日にカボチャなど栄養があるものを食べることで健康に過ごすことが出来ます」などと、冬至の由来についての話を聞いた。
 このあと、給食に合わせ、ゆず湯とカボチャのお汁粉が振る舞われた。真冬日が続く中で温かいお汁粉を食べた園児たちは「美味しいね」と笑顔で話していた。

コメントを残す