太田さん宅で滑り台作り始まる コロナ終息願い看板も

 潮見2、太田又彦さん(81)宅で今年も有志が集い滑り台作りに着手した。
 子供たちに外遊びを楽しんでもらおうと、稚内ほっけ隊を中心とした有志が滑り台を作っている。
 今年は10月から滑り台の土台を作り始め、本格的に雪が積もった17日から雪を固める作業を行っている。
 太田さんによると、来年の干支「丑」や今年の漢字に選ばれた「密」などコロナに関連し終息を願う看板も作成する。「コロナ禍だからこそ滑り台が完成したら外で体を動かし免疫を高めてもらいたい」と。
 完成時期は未定。コロナ対策でかまくら作りは行わないという。

コメントを残す