天北堆

 昨日、稚内漁協市場前の第二副港に出掛けるとイカ釣り漁船「勝宝丸」が。折から船主の藤野さんがおり言葉を交わす中「これから岩内に行き、その後は石川方面に向かう」ときっぱり。イカを追って海を渡り歩く漁師の気概に触れた◆藤野さんは一番最初に入港し最後まで稚内で船中生活してきた。漁協や市はイカ漁船を訪れ労いの言葉を掛けてもいいのでは◆使わしてやっているではなく来てくれて有難うという感謝の気持ちが大切で、偉そうな上から目線では相手だって「使ってやってる」になってしまう。

コメントを残す